• 家庭用の脱毛器を使う際の注意

    最近では多くの家庭用脱毛器が販売されているため、自宅でも簡単に脱毛を試すことができるようになりました。


    しかし手軽に使用できるとはいえ、使用する際は使用する機器の使用上の注意を守ることは絶対的に必要ですが、その中でも特に注意して守る点があります。

    脱毛器の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

    例えばレーザー式やフラッシュ式の場合は必ずサングラスが必要です。



    家庭用脱毛器とはいえ発する光は思いのほか明るく、光を直接見ると目に対して大きな負担をかけるため、負担を軽減するためにもサングラスが必要です。


    照射部分が狭いから大丈夫、と思いこまず、目を守りましょう。


    次に脱毛器の使用前後に肌を冷やす必要性です。


    これは前後で意味が異なり、使用前に肌を冷やすことで照射部分の痛みを軽減することが出来ます。


    家庭用の脱毛器は痛みを感じにくいタイプもありますが、痛みの感じ方は人によって異なるため、肌を冷やすことで安心できます。また使用後に照射した部分の肌を冷やすことで肌トラブルを軽減することが可能になります。


    家庭用とはいえ、照射することは極端な話し、肌にやけどの様なダメージを負わせることになり、それを放置すれば肌は赤みを帯びたりブツブツ肌になったりと、肌トラブルを引き起こす可能性があるため、使用後のクールダウンは絶対に忘れないでください。

    最後に保湿です。

    ムダ毛は本来、紫外線やほこりのような外的要因から肌を守るためにあるともいわれています。
    またムダ毛がなくなることで肌は乾燥しやすい状態にもなるため、脱毛した部分の保湿を怠ると肌機能が衰えてしまい、乾燥肌になるだけでなく、シミなどの原因にもなります。



    そのため肌の保湿は大切なポイントです。他にも脱毛器の使用頻度は機器によって異なるため、説明書に書かれている期間を守ることも大切です。


    正しく使用することで安全かつ手軽にムダ毛を処理することが可能になるので、説明書を面倒くさいと思わずにしっかりと読み込みましょう。